情熱とやる気

僕のチームのムードメーカーであるW先生。
彼の最大の武器は「情熱」だ。
彼の口癖は「自分なら〜します」。
情熱はとても個人的な感情で、よく誤解されるやる気とは違う。
情熱を英語でいうならpassion(パッション)でやる気はmotivationa(モチベーション)だろうか?
モチベーションは「動機づけ」とも言われ、これは他者が意図的に作り出すことができる。
なので、僕の仕事上の立場はスタッフの動機づけの仕組みを作ることだが、スタッフが情熱を持つようには仕向けられない気がする。
W先生の口癖である「僕なら」はあくまでも主体的であり、究極の話、好きか嫌いかと似ている事柄かもしれない。
だから「自分なら〜します」の内容を聞いたとき、論理的でないなぁと思ってしまうこともあるが、情熱のある人間の話は聞いてしまうし、人を動かす力もある。
やる気は空回りすることもあるが、情熱は本質で動くのでブレないし、不器用だとしても結局は仕事をする上で、もしくは生きる上での最上級の武器になるのだと思う。
あれ、W先生のことからこんな話になるとは、予想していなかった、、、。




d0365385_21482513.jpg



趣味に対しては情熱を持てるのですが、仕事に対してはどうしても情熱を、、、と悩んでいる人もポチッとよろしく!




「人気ブログランキング」参戦中。
このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです!
  ↓↓↓  
人気ブログランキング





[PR]
by konojigata47 | 2017-11-25 22:59 | 学習塾